オハ30(オハ31980) 2-014 | コリン堂

1/1

オハ30(オハ31980) 2-014

¥2,000 税込

別途送料がかかります。送料を確認する

 本キットはオハ31980由来のオハ30のキットとなります。台車と床下機器、表記インレタ、及び近代化改造部品は別売となります。
 1937年12月27日、鹿児島発門司行準急12レが小倉付近で3両目から出火し、3両の客車が全焼する事故がありました(原因は乗客のセルロイド玩具材料にタバコの火が引火したこととのこと)。この時焼失したのがナハ22000形客車2両とナハフ25000形客車でした。おりしも当時、木造省電が鋼製化改造される中、木造客車の鋼製化の試験も兼ねてこの焼失した車両の台枠を流用して半鋼製客車が新造されました。これがオハ31980(のちのオハ30)です。
 側面の窓配置は種車のレイアウトを踏襲していますが寸法はスハ32系客車のものでした。しかし、それ以外の構体設計は製造当時、小倉工場でも量産中であったオハ35系のそれが流用されノーシルノーヘッダーのすっきりした外観でした。車内設備は種車のものが流用されたようです。結果的に、基本構造はオハ35系、窓寸法はスハ32系、窓配置と車内設備は木造客車という極めて特異な形態の客車となりました。
 竣工時には鳥栖区に配置。戦前は鹿児島本線の増結車として活躍。戦後は北九州地区の各路線で運用されました。1959年に一部改造の上配給車オル31系に編入されて活躍。1970年までに廃車となりました。

商品をアプリでお気に入り
  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥2,000 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品