ナハ22000普通列車セット-増結セット 1-006 | コリン堂

1/3

ナハ22000普通列車セット-増結セット 1-006

¥13,000 税込

別途送料がかかります。送料を確認する

 本キットには大型木製2AB客車の三等車ナハ22000*3、三等緩急車ナハフ24000*2が含まれます。本セットは、大正中期~昭和初期の普通列車の増結編成をイメージしたセットです。幹線普通列車セット(1-004)、地方普通列車セット(1-005)につなげて遊ぶほか、単体でも支線区の普通列車としても仕立てられます。
 本キットには、車体、屋根、床板、台枠表現、TR11/13台車、ベンチレーター、蓄電池箱、幌パーツ、等級帯デカール、が含まれます。車輪と連結器、白文字表記類は別途ご準備ください。

 鉄道省(後の国鉄、JR)の客車は、昭和2年に初の鋼製車オハ32000(→オハ31形)が登場するまでは木製でした。大正9年、従来の客車を大型化した客車としてホハ24400(→ナハ22000)が登場。これは昭和3年に二等車や食堂車などと合わせて20000番代の形式にまとめられ"大型木製客車"と呼ばれるようになりました。多くは17m級車体に2軸ボギー台車を備えていましたが、一部特急用では、20m級車体に3軸ボギー台車を備えた車両もいました。製造両数は代表形式のナハ22000だけでも、客車1形式としては最多の1687両、全体としては約3900両に及ぶ大量増備が行われ、主力形式となりました。昭和3年以降、鋼製客車の増備に伴い優等列車での使用は減少。荷物車や三等車、通勤型、合造車などに改造され優等車の多くは戦前のうちに原形を失いました。その一方、普通列車では三等車、荷物車として主力として活躍。戦後も、ローカル線だけでなく、幹線の普通列車でも使用されるなど健在でした。しかし、老朽化のため、昭和24年以降鋼体化客車に改造。昭和31年(1956年)までに消滅しました。

商品をアプリでお気に入り
  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥13,000 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品